スマホ代節約の知識

家族全員mvnoサービスを利用しています。業者はiijmio 、mineo、 b-mobileです。なぜmvnoを利用しているかというと、利用料金が安いからです。家族3人スマホを持つと、どうしても月に20000円前後かかってしまいます。それに本体代を入れると、とんでもなく高額になってしまいますが、そんなに使用頻度も高くないので、本体を楽天で購入し、格安スマホ用の格安simを挿入して使用しています。格安スマホでも通話機能が付いたものがあるので、それならキャリアのスマホと遜色ありません。

キャリアで契約すると2年縛りがありますし、何より通信費が高すぎます。うちは3台MVNOで契約して、一か月の支払いは4000円程度です。本体は最新のものではありませんが、使用には何のデメリットもありません。一台はmineoで、auの回線を使用しているので、auは白ロム本体が安いため、割と新しいものを購入できました。

MVNOでは月々のデータ容量を細かく設定できますが、家にwifi環境があるので、少なめに設定しています。容量の大きなアプリなどをダウンロードするときは家でやれば余計なデータ容量を使用しなくて済みますし、家にいるときは自動でwifiにつながるようにしておくことで、月々のスマホ代を節約できます。

wifiを上手く使っています

スマートフォンは映像やゲームダウンロードして遊ぶことができます。その為には高速通信を行うことが出来ると言うのが特徴です。しかし、それによって通信をされるデータの量は膨大になってしまうのですよね。少ない通信料で済ますことは難しいのであります。しかし、通信をする時にwifiを使えば思う存分、ダウンロードを楽しむことができます。私の場合は一ヶ月、7ギガバイトまで通信をすることが出来るようにしています。しかし、それを超えてしまうと物凄い遅い速度で通信をしなければならなくなってしまうのです。そうなってくるとゲームのダウンロードや映像の視聴をすることは出来なくなってしまいます。

7ギガバイトの制限を取っ払う事も可能ですがそれによって料金がかかってしまいます。ですから、普段から容量の大きなものをダウンロードする時にはwifi通信を使うようにしています。そうすれば問題なくスマートフォンを使うことが出来るのですよね。一ヶ月に7ギガバイトを通信するという事を考えると多くのデータをダウンロードすることはできません。しかし、wifiは基本的にはインターネットプロバイダに料金を支払っているので、スマートフォンとは関係ありません。それによって沢山通信をしても大丈夫なのです。

スマホの料金プランの見直しをしました。

スマホの料金は高いです。以前は基本のプランが7000円くらいかかっていて、それプラス通話料がかかっていました。

スマホから電話しなければならない状況が多々あり、その都度別の安い回線を選んで話すものの、その別会社の通話料が6000円近くかかっていました。

その通話料もスマホで話す半額くらいの料金になっているのにもかかわらずその金額なのです。

結局スマホの料金はトータルで13000円くらいかかっており、これは高すぎる何とかしなければ・・・と思っていたのです。

どこか削れるところはないかなと携帯電話会社のHPを見てみると、知らない間に新しいプランが出来ていて通話を沢山する人用に

かけ放題、データ定額制を組み合わせてのプランがありました。

かけ放題?ということは別会社の通話料金が減るのかな?と思い調べてみると、かけ放題のコースにすると、トータルでも6500円以下になり、

これで通話がし放題なんて信じられない金額です。

早速料金プランを見直して変更したところ、今までよりもスマホ代が半額になりました。通話が料金を気にせず出来ると言うのは本当に魅力的、

私にとって最適なプランになりました。今までの料金が浮いた分は次回スマホの買い替えの時の頭金にでもしようかと思っています。

スマホ代節約のポイント

スマホ代を節約する方法として、私は基本料金をキャリアで一番安いプランにしています。現在では、データ通信をする事が多いため、パケット通信放題に加入する事が出来るようになっていますが、データの制限があります。そのデータ制限を一番小さなプランにしています。そして、自宅では、Wi-fiに接続をする事によって、無制限でデータ通信をする事が出来るようにしています。そのおかげで、データ通信制限が一番小さなプランでも、支障なく使用をする事が出来ています。そして、外出している時には出来るだけスマホを触らない事にしています。データの通信制限がありますので、極力ではありますが、大きなデータ量を通信する時には自宅で行うようにしています。

通話料に関しては、通常の通話は一切しないようにしています。友人などと連絡を取る場合には、チャットアプリや通話アプリを使用しています。そのため、自宅では無料で連絡をする事が出来るようになっており、通話もデータ量を気にせずにする事が出来ます外出をしている時には、なるべく通話はしないで、チャットだけで済ませるようにする事で、データ通信料を減らす事が出来ます。そうする事によって、最低限のスマホ代にする事が出来ます。

スマホの充電のもちを保ちながら月額料を安くする方法

スマホはガラケーに比べとても高く毎月どうやって節約するかでその人が使う月額料は異なってきます。

バッテリーを持たせるにはネットに繋ぐ必要のないアプリをオフにし使用するとバッテリーや充電のもちはキープされ、一番大切なのは毎月のギガ数を抑えたり控えたりする事です。

抑えるために外出時では極力スマホを弄る事を押さえ自宅についたらワイファイを使用し通信料を軽減させます。特に外出時に通販や動画やアプリのダウンロードそして音楽の視聴等をするとスマホの力を借りる事になるため、ギガ数を食うのでそういった時は必ずワイファイのある場所又は自宅で行いましょう。

一般的な方法として各携帯会社と系列を組んでいるネット会社と一緒に契約をする事です。

そうする事で、ワイファイが使用でき毎月のスマホ代がかなりお得になって携帯会社にもよりますが最大で月々1.500円近くお得になる事もあります。

他にも電話代を押さえ通話などは極力無料のアプリを使用し緊急や大切な時にしかスマホ電話を利用しないようにすれば、毎月の電話代の心配はそれ程なく大丈夫といえるでしょう。

ただ、どのアプリも使用する際には必ずワイファイを繋げていないとギガ数を食うため注意が必要です。当然ながらワイファイを繋いだ状態で行うとスマホの力を借りず、その分ギガ数も食わないため、ギガ数が抑えられるため毎月も安く上がったりします。